--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.10.29

絶対条件は 愛国

野田首相が所信表明、産業空洞化に

「あらゆる手段講じる」



http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-23877220111028
ロイター通信

民主党の掲げる理念「国家主権の移譲=他国へ日本を譲る」
その政党が舵取りを行い
その政党所属の議員が総理大臣となった。

写真 1

写真 2

現在の国政前提は売国


異常事態です。

1)被災地の復興、
2)原発事故の収束、
3)日本経済の立て直し
をしたいと言いながら

TPP、増税でデフレを加速させ
外国人の為の法整備を行い
(朝鮮学校無料化、外国人参政権、人権侵害救済法案、重国籍法など)
復興を進めるといいながら国会を閉じ、閉じている間に訪れた韓国で
国家主権移譲の準備を進める。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

10月9日『日韓新時代共同宣言』を画策するプロジェクトに合意。

【このプロジェクトの危険性】

・韓国と日本の教員を交流>>更なる自虐史観教育
・メディア交流促進、及び日韓マルチメディアの設立>更なる偏向報道
・日韓の人的自由化による韓国人の日本への大量入国
・日本の有する知的財産・産業や宇宙開発等技術・海洋等の
 資源・経済力・防衛力など ありとあらゆるものは韓国と共有、共同開発
・韓国が国難(金融・財政・経済・外交・国防等)に陥った場合、
 日本が無条件で支援出来るための基金や機構を設立する

外務省HP参照 http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_noda/korea_1110.html

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

国政前提 売国
前提が売国の間は
「日本の破壊」が進みます。

戻す。
これのみ。


~絶対条件は 愛国~


2年前はこれ でした。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

■中国の脅威から日本を守っていました。
日本が中国包囲網を提案 日米露の3カ国で=ウィキリークス
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0518&f=politics_0518_002.shtml

ウィキリークスによると、
自民党政権時の日本は米国に対し、日米露の3カ国による中国包囲網で中国の台頭を抑え込もうと提案していたという。中国新聞社が報じた。
公開された公電は駐日米大使館から米国務院にあてた2通の密電で、1通は2007年6月に当時の自民党安部晋三首相のロシア訪問に関する報告で、もう1通は麻生太郎政権当時、外務省高官と米国防省パウエル副次官補との談話内容だった



■原発防衛対策も行っていました。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm14197957?via=thumb_watch
この訓練では
実際のプレス関係者や、IAEAや在日フランス大使館も参加させての情報発信
さらには海上モニタリングまで行われています。
被曝障害の発生まで想定しています。
また、対応を東電に丸投げするような事もありません。
迅速に動きが取れるように現地本部が立ち上がった段階で
必要な権限をただちに現地本部へ移譲している事も非常に重要です。
SPEEDIによる飛散予測も活用し、避難区域も同心円ではありません。
マニュアルは作られていた。
それを無視したのは民主党です。


■竹島について議論さえしてこなかった野田総理とは違いました。
2008.10.03 「竹島は固有の領土」とする答弁書を閣議決定
2008.12.09 外務省HPの「竹島は日本の領土」という宣伝資料を10カ国に拡大
2008.12.27 竹島問題パンフレットを新たに7か国語で作成
2009.01.04 中国のガス田「樫」単独開発に対し、「合意違反」と抗議
2009.02.04 尖閣諸島周辺にヘリ搭載巡視船を常置 海保、領海侵入監視を強化
2009.07.03 北方領土は「日本の領土」明記 改正北方領土特措法が成立


■自虐史観に染まらず、その体(てい)を韓国でも崩しませんでした。
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
平成15年5月31日、東大での講演会で麻生太郎が語ったエピソードに
次のようなものがある。

「中国や韓国と外交をするうえで、歴史問題をどうすればいいと思うか?」
という質問を受けた麻生氏は、
「歴史認識を一緒にしようといっても、隣の国と一緒になるわけがない。」
と述べた。
そしてこう続けた。
例えば
朝鮮人の創氏改名の話。
日本が満州国をやる前に創氏改名の話が出たことは一回もない。
しかし、
当時、朝鮮の人たちが日本のパスポートをもらうと名前のところに
キンとかアンとか書いてあり「朝鮮人だな」と言われた。
仕事がしにくかった。
だから、名字をくれ、といったのがそもそもの始まりだ
と答えた。
これを韓国で言ったところ灰皿が飛んできた。
そのときに
「若い者じゃ話にならない、年寄りを呼んでこい」と言ったら、
韓国のおじいさんが現れて、
「あなたのおっしゃる通りです」と言ってくれた。
その後、講演会の続きで麻生氏が、
「ハングル文字は日本人が教えた。うちは平仮名を開発したが、
おたくらにそういう言葉はないのか、と言ってハングル文字が出てきた」
と言ったらもっとすごい騒ぎになった。
だが、
その時もそのおじいさんが、
「よく勉強しておられる。あなたのおっしゃる通りです」
と言って、その場は収まった。
http://www24.atwiki.jp/free_nippon/pages/35.html より
\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

リーマンショックを救いました。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1788304947&owner_id=37651279



■中小企業を守っていました。

1) 政府系金融機関のセーフティネット貸付などを10兆円に拡大
2) 中小企業の経営支援として軽減税率22%を2年間18%に引下げ
3)銀行への公的資金の注入枠が現行の2兆円から12兆円に増額
4)大企業・中小企業の資金繰り対策として「危機対応業務」(3兆円規模)発動
5)赤字になった企業の法人税(前年度納付金分)の還付制度を復活

これにより
全国約420万社の中小企業の5社に1社に相当する約80万社が、
総額約16兆円の融資と債務保証を利用。
資金繰りがついたことで、
500万人を超える、数多くの雇用の安心につながった。

↓↓↓↓↓

これを破棄したのが民主党です。




■景気対策を行い、結果を出していました。


家庭への景気対策

安全に出産できるように「14回分の妊婦健診」が無料に
第2子以降の3~5歳児に3万6千円の「子育て応援特別手当」
子どもとお年寄りは、2万円。その他は1万2千円の「定額給付金」
住宅ローンの大幅拡大や省エネ・バリアフリー化改修費用の10%を課税控除等

働く人への景気対策
再就職が、困難な方の失業手当の給付期間を60日分延長
従業員を解雇せずに雇用を維持した中小企業に賃金の80%を助成
雇用保険の非正社員の加入条件を、現行の「1年以上働く見込みから」を「6ヶ月」に短縮
解雇されて住宅をなくした方に1万3千戸の「雇用促進住宅」を提供等

地方への景気対策
1兆円規模の「地方活力基礎創造交付金」を地方へ
雇用創出などのために地方交付金を1兆円増額
6千億円規模の「地域活性化・生活対策臨時交付金」を地方に
乗用車の高速道路料金を土日祝日1000円以下に。阪神高速なども料金を引下げる


回復していたGDP
政権交代後、駄々下がり
写真 3


■そして、復興ビジョンも、明るい

「日本は元々輸入国であるが為、円高を利用して経済成長政策に踏み切るべきである。例えば、仙台の港を改善し、大型船を迎えられるようにしたら、東北地域の復興に大いに役立、日本経済にも良い影響を与える」
たかじん での発言

円高を利用した経済成長政策
要は景気の回復

■その他はこちらの動画を見てください。

http://www.youtube.com/watch?v=8o5cVLf0Jgs&feature=player_embedded

動画に寄せられたコメントから一部抜粋
楽しかったなぁ、2009年は、
政権が変わった年でそのときの悔しさは半端なかったけど
毎日毎日、日本にとって善いことを行ってくれてるのを
ニコニコでわくわくしながら観てた
「なんだ、テレビ新聞てくだらないものなんだ」とさよならできた­




これは一年間の実績です。
それはなぜか?
日本人が「漢字が読めない無能総理」だと拒絶したからです。

果たして無能だったでしょうか?
果たして日本を守っていなかったでしょうか?




国政の前提が売国 か 愛国 かで
日本の未来は、大きく異なってきます。


~選択ミスは命取り~


現在、
売国政党により
日本はめった刺し中。

後2年で↓↓が実際に起こる可能性があります。
■あと2年で起こること
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1731026418&owner_id=24515671
■愚かな日本人へ
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1750777089&owner_id=24515671




2年後、
日本は今よりもめった刺しでしょう。
治療を誰に託すのか?

私は託したい。
国政前提 愛国に。
日本人による日本人の為の日本人による舵取りに。

私は戻したい。

日本を愛し
日本人を愛し
日本をすさまじいまでに守っていた人の下に。

すさまじいまでに守っていたから
叩いたんですよ。
民主党と心同じくするマスメディアが。

■マスメディアが日本人についた嘘
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1709696758&owner_id=24515671

冷静に考えてください。
「みぞうゆう」と読み間違えたら
国が滅ぶのですか?
「高級バー」にいったら
国が滅ぶのですか?

3年前、
これを言えば基地外といわれました。
私は、みぞうゆうと読み間違えたからと叩き、
日本を守っていた人を蔑み
代わりに
売国、いわば自分たちの居場所である日本を攻撃する事を目的とする人を
うれしそうに応援する日本人に
同じ思いを抱きました。






日本にとって経済外交とは
日本国民と日本企業の為です。
安心して商売できる環境作りです。
EPAというのは仲間作りです。
写真 4

我々は国民の暮らしを守る。
しかし同時に
この日本を守らねばならんのだと
そう思っています。
麻生太郎氏 遊説より
写真 5

友好のために国益を損なうのは愚かです。
国益のために友好が成り立つのだと思っています。
2006年2月14日 国会答弁にて
写真 6
写真 7
写真 8
写真 9


よき伝統を守り発展させる。
伝統を守るために改革する。
それが私がめざす真の保守だ。
わが自由民主党がめざすべき道であるとも確信している。
平成20年 麻生太郎総裁年頭演説要旨

写真 10

ものごとを悲観的に考える人は多い。
危機に当たっては慎重さが絶対に必要だが、過度に悲観する必要はない。
日本は半世紀にわたって平和と繁栄を続けてきた。諸外国から尊敬されるモデルのひとつにもなった。
日本は経済力、技術力だけでない、魅力ある文化、世界が憧れるブランドもある。
われわれは日本と日本人にもっと誇りを持つべきだ。
【第76回党大会】麻生太郎総裁年頭演説(2009.1.18)

写真 11

「日本」は、「日本人」は、その底力に、もっと自信を持っていい。
これまでと同様に、日本という国は、ピンチをチャンスに変える。
困難を必ず乗り越えることができると、 私は信じています。
麻生内閣総理大臣 平成二十一年 年頭所感


わたしは、日本と日本人の底力に、一点の疑念も抱いたことがありません。
麻生太郎 (第九二代内閣総理大臣)




売国政党 反対。

~絶対条件は 愛国~



国政とは
その国の民の意識を写す鏡です。

国が良くなるもならないも
国が守れるか守れないか
国が続くか続かないか

すべて
国民の意識次第。


私たち日本人の生活は
日本有りき。


守りたいのなら
続かせたいのなら
当たり前の生活をこれからもずっと望むなら


絶対条件は 愛国。

写真 12

ただいま その 真逆です。

=================================================
この日記は友人がmixiに書いた物をそのまま転載させてもらいました
貴方がしらない、麻生太郎がそこにいたでしょうか?


私もこのような事を今でも知らなかったら
日々各省庁に電話する毎日は送っていないかも知れません

たった二年前私は自分の住んでる市の市議にすら電話なんてしたことは有りませんでした
用事があって市役所に電話をするくらいでした

それは日本を守ってくれる人がちゃんといたから


気が付かない方が幸せだった?なんて思う事がまるで無いわけではありません
でも私はしって良かった
自分で自分の国を取り戻そうと動く事ができたから
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://momosannonitijyou.blog25.fc2.com/tb.php/106-bddc5f3a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。