--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.27

もっとこまめに更新を・・・

それはずっと思っているのですが
私が行動することの3倍の早さで日本が切り売りされていて
拡散どころか自分が今何をしているのかすらわからなくなってきます
こまったものです
もっと色々こなせる脳みそと知識が欲しいです
デモのレポートも書けていないものが3つ、あれ?4つ?みたいな状態です

さて、前回のブログで書いたのは、延々と流れる同じ尖閣の映像の話しでしたが
今日は何にしましょう。
え?ネタが無い?いえいえ・・・毎日鬼のようにネタまみれです
もちろん昔は政治に興味が無かったからかも知れませんが
毎日ネタが有り続ける(それもとても新鮮な)民主党政権にびっくりします


では自己紹介に近い話しにしてみましょう
わたしが政治に興味を持ち始めたきっかけに

外国人参政権

という物があります
読んで字のごとく

外国の方にも日本の政治に参加させる権利

です、べつにいいんじゃない?ってわたしも思っていました
日本に住んで日本で税金払ってるんだから
そんな権利の一個や二個って思っていましたよ
猫でもわかる外国人参政権 フラッシュ
↑2分ちょっとの短い動画なので良かったら見てみてください

あれ?なんか思っていた事と違う・・・
もしかして結構危険?
それでもまだそんな認識でした

そして幸い政治に詳しい友人に色々話しを聞くことができ
結構どころではなくもの凄い危険・・・汗
と認識は変わるのですが

「差別って良くないよね」
うん、差別は良くない!もちろんだ
だけど、それって差別なの?市民税払ってるからってなんで選挙権なの?
市民税を払う事で、外国人の子供は予防接種(公費負担のものは)日本で無償で受けてない?
都民税や所得税を支払っている事で安全に歩ける道路の上を歩いていないですか?
子供手当(子どもって書かないとイケナイのは知ってるけどその記載は好きでは無いのであえて)とか
元々あった児童手当に外国人は不可ってなっていないと思うよ
外国籍の子供は小学校、中学校の義務教育は別に負担金支払えって言われますか?
それでもまだ差別ですか?
違いますよね?


動画にもあったように、日本の未来を決めるのが選挙です
それは例え税金を払えない状況の人でも、生活保護受給者でも
日本国民であったら選挙権はあるのです

ちなみに外国人に選挙権を与えてる国は沢山あるよ!EUとか
と言われる方が多数いますが
EUの場合はEUの連合国
たとえば日本で考えると、北海道の人が九州に引っ越ししたって選挙権はそのまま
それと似たようなものです


で、は話しを現在に戻しましょう
ここから先はマイミクさんの日記の転載になります
================================
奈良県生駒市で「市民投票条例」というものが制定されよう
としています。

その投票資格者に定住外国人も含まれており、在日外国人の
実質的な政治関与につながる危険な動きであることから、
本日パブリックコメントを提出しました。
http://www.city.ikoma.lg.jp/enquete/detail4655.html


結論から言うと、この「市民投票条例」はとっても危険な条例です。


この「生駒市市民投票条例」は「生駒市自治基本条例」に基づいて
制定されるものです。

「生駒市自治基本条例」
http://www.city.ikoma.lg.jp/kashitsu/02100/01/documents/540920.pdf

自治基本条例は「まちづくりの最高規範」なんだそうです。

そして、外国人に関係する部分を抜き出すと、

第1 条
この条例は、生駒市における自治の基本理念と主権者である市民の
権利を明らかにするとともに、市民及び市の果たすべき役割や市政
運営の仕組みを定めることにより、地方自治の本旨に基づく自治を
実現し、自立した地域社会を創造することを目的とする。

第2 条
この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定
めるところによる。
(1) 市民 市内に居住する者並びに市内で働く者、学ぶ者、活動す
るもの及び事業を営むものをいう。

第45条
3 市民投票の請求、発議、投票資格その他市民投票の実施に関し
必要な事項は、別に定める。この場合において、議会及び市長は、
投票資格者を定めるに当たっては、定住外国人及び未成年者の参
加に十分配慮しなければならない。

・・・のとおり、生駒市の中では、定住外国人が「市民」という
   「主権者」に位置付けられているのです。



それで、そもそも「自治体基本条例とはなんぞや」という
疑問が沸きましたので検索してみました。


自治体学 ~議会基本条例と学者の理論責任~
http://jichitaigaku.blog75.fc2.com/

<冒頭を抜粋>

選挙は信頼委託契約
 選挙は白紙委任ではない。
 代表権限を信託する契約である。
 基本条例は自治体の憲法であると説明される。
 憲法は権力の行使に枠を定める最高規範である(憲法98条)。
 首長と議会の代表権限の行使運営が逸脱しないように枠を
 定めるのが基本条例である。
これが近代立憲制の民主政治の制度理論である。

自治基本条例には次のような事項を定める。
市民自治の理念を明示する。
説明責任 - 決定した役職者に責任回避をさせない。
情報公開 - 重要な判断資料を秘匿させない。
全有権者投票 - 地域の将来に係る重大なことは四年任期の
          首長と議会だけで決めないで、全有権者の
          意向を事前に聴く。
自治分権 - 中央省庁(官僚)の意のままにならない。
 ・自治体立法権
 ・自治体行政権
 ・自治体国法解釈権
 これらを定めておくのが自治基本条例である。

・・・「自治基本条例」とは、国の中に国を作り、しかも首長・
    議会の他に、有権者投票という「直接の民意」に重きを
   置く考え方のようです。しかも、国法(国の法令)を解釈
   する権利まで「自治体」が持つとされています。




自治基本条例に反対する小田原市民の会
http://odawarajichi.blog48.fc2.com/blog-entry-11.html

・・・このブログの指摘は重要です。
   「自治体基本条例」は自治労が推進しているんです!



自治労の活動レポート ~自治労運動における市民参加と協働~
http://www.jichiro.gr.jp/jichiken/report/rep_gunma30/jichiken/1/05.htm

<一部抜粋>
「市職員採用における国籍条項完全撤廃」はその後の継続した
 運動が実り、武生市では「完全撤廃」されている。
この講演会において提言された「自治基本条例」についても、
地元のマスコミにも大きくとりあげられ、市職の方針として、
「自治基本条例の制定」が固まった。

なぜ今「自治基本条例」が必要なのか。一つには、2000年4月
の地方分権一括法の施行である。国の関与が縮小されたという
事情が影響している。ただし、この分権改革は「団体」自治に
関わる国の関与の改革が主であり、自治のもう一つの側面
「住民」自治の側面には手をつけていない。
地方自治は、憲法で保障されている。それは地方自治の本旨に
基づくとされ、具体的には「団体自治」と「住民自治」から構
成されるとされている。すなわち団体(市役所)が国から独立
した存在であるということと、その運営は住民(市民)が自ら
参画して行うものとされている。

・・・公務員の国籍条項撤廃とかを考えている人達が、
   自治基本条例を考えているのです。



つまりこの人達は、

 ○日本の中に「自治体」という名の『擬似国家』をつくり、
  「自治基本条例」という憲法と「住民(市民)投票条例」
  という国民投票法を制定する。
 ○「自治体」国家の主権者たる「市民」、更にはそこで働く
  職員に対して国籍条項を設けない。

ことを企図しているのです。

在日外国人に、首長及び議員を選出する権利(所謂、外国人
参政権)を付与しなくても、実質的に「自治体の政治に参加
する権利」を付与してしまう恐ろしい条例、
それが「自治基本条例」「住民(市民)投票条例」なのです。

これを地方自治を隠れ蓑にした国家破壊(日本の解体)と
言わずして、何と言うのでしょう。



 「公務員の国籍条項撤廃」
 「外国人参政権付与」
 「自治基本条例」
 「住民(市民)投票条例」

 これら4つは根っこでつながっています。


「自治基本条例」「住民(市民)投票条例」は既にいくつかの
自治体で制定されてしまっています。
 それらの自治体は全て危険な状態にあります。

皆さんのお住まいの自治体で 
「自治基本条例」「住民(市民)投票条例」
の話が出てきたら注意してください。


※自由に拡散していただいて結構です(日記のリンク付けも可)

======================================

私は昨日パブコメを書きました
昨日流れたツイートです
【拡散】奈良県生駒市で外国人地方参政権が付与されようとしています。http://bit.ly/dC9PzU http://bit.ly/9MMDz5 利害関係者(日本人ならば)でもパブリックコメント提出可能です。今しか抗議出来ません。


今しか抗議出来ません。


期限は今月30日まで
わたしは昨夜出しました
今しか出来ないんですよ、抗議
コレが通ってしまったら、それが針の穴として
日本はまた崩壊の一歩を辿るのでしょう

私は自分の子供に今の安全な日本を残していたいです

また「住民投票法案」名前を変えた外国人参政権と同じような法案も各自治体で多発しています
お住まいの市区町村は大丈夫ですか?
一度確認してみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
Posted at 00:40 | 日常 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。